水をお湯にする機器|給湯器の取り付けをするならプロに任せるのが名案
風呂

給湯器の取り付けをするならプロに任せるのが名案

水をお湯にする機器

給湯器

蛇口で手軽に使用

給湯器とは、水を熱でお湯にした上で蛇口から出すことのできる機器です。ヤカンでお湯を沸かす場合と原理としては同じですが、給湯器を使用した場合は、ヤカンに水を入れる必要はありません。水道と直結しているので、水を出す場合と同じように、蛇口から手軽に使用できるのです。さらに給湯器は、通常はひとつの蛇口だけでなく、複数の蛇口につながっています。そのためたとえば、台所でお湯を使いながら、浴室でお湯はりをするといった具合で、複数の箇所での同時使用が可能となっています。もちろん温度調節も可能で、ぬるま湯にすることもできますし、人肌よりもやや熱いお湯にすることもできます。ただし火傷などのトラブルを防ぐために、多くの場合は最高温度が60度ほどに設定されています。

発電機能つきのものも

給湯器では、水がガスまたは電気によって温められます。ガスはそれ自体が燃えることで、電気は流れることで、自らの周辺の温度を上昇させます。その伝導熱によって、水の温度も上昇して、お湯として蛇口から出ていくことになるのです。また昨今では、ガスで水をお湯にしながら発電するというタイプの給湯器も使われるようになっています。まずはガスが燃えることで、水がお湯となります。すると蒸気が出てくるのですが、その蒸気によってタービンが回転し、電気が作られるという仕組みになっているのです。作られた電気は、もちろん電化製品などを動かすために利用できるので、これにより電気料金の節約が可能となります。そのことから発電機能つきの給湯器は、経済的ということで注目されています。

Copyright© 2016 給湯器の取り付けをするならプロに任せるのが名案 All Rights Reserved.